You are here

山・渓谷・滝・石橋

写真

九州のグランドキャニオンと呼ばれています

蘇陽峡

蘇陽峡は、日本では珍しいU字形の緑深い渓谷です。200mの高さに切り立つ絶壁が約10kmにも続いており、四季折々の絶景が楽しめます。

写真

「くまもと名水百選」に数えられる緑川水源です

緑仙峡

ブナやクヌギなどの原生林に囲まれた緑仙峡は、夏は避暑地として秋は紅葉鑑賞など、四季の表情を満喫することができます。また、やまめなど渓流釣りのスポットとしても有名です。

写真

山都町でも随一のスケールと美しさ

鵜の子滝

笹原川と緑川の合流点に位置する「鵜の子滝」は、2つの滝が上下に連なっています。上段が「鷹滝」、下段が「鵜の子滝」で、両滝を正面に見ることができる「滝眺所」からの眺めは圧巻です。

写真

規模・美しさともに日本を代表する石橋

通潤橋(国指定重要文化財)

矢部郷の惣庄屋だった布田保之助が、水不足で貧しい生活を強いられていた白糸台地の8つの村に水を供給するために造ったもの。橋の上を走る3本の通水管は現在も使われており、約100ha以上の水田を潤しています。

写真

落差50mの大瀑布は迫力満点!

五老ヶ滝

通潤橋の下を流れる轟川の下流に現れる『五老ヶ滝』は、山都町の中でも最大の規模を誇ります。周辺には通潤橋へと続く遊歩道が整備されているので、気軽に散策を楽しめます。

写真

二筋に分かれて落ちる滝に感嘆

聖滝

約32mの断崖から二筋に分かれて落ちる聖滝は、中央部に突き出た岩が、滝に打たれて修行している僧の姿に見えたことからこの名がついたと言われています。

写真

「矢部の石橋」の礎となった橋

聖橋(町指定文化財)

矢部地域で最初に架けられた眼鏡橋。新橋の拡張工事にともない取り壊されるはずでしたが、保存を願う多くの住民の声で、平成11年に修復されました。

写真

歴史の1ページを彩った二連アーチ橋

金内橋(町指定文化財)

大小二連からなる眼鏡橋で、嘉永3(1850)年に架けられました。上部がコンクリートに覆われているので、石橋と気付きにくいのですが、川原からは美しいアーチと石組みを見ることができます。

山登りを楽しもう 小川岳など、1000mを超える山々がそびえる山都町。

上級登山者はもちろんのこと、初心者やファミリーハイキングにもおススメの山は点在しています。山ならではの植物や自然林、また新緑や紅葉などの四季の移ろいを楽しめます。